このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

更新日:2020年6月1日

新型コロナウイルス感染症に係る市税の徴収猶予の特例について

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、市税の徴収の猶予を受けることができます。
担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。
(注釈)猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付することも可能です。

対象となる方

次の2点をいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象となります。

・新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

・一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する市道民税、法人市民税、固定資産税など全ての市税が対象になります。

申請手続等

関係法令の施行から2か月後(令和2年6月30日)、又は、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。
申請書のほか、収入や現預金の状況が分かる資料を提出していただきますが、提出が難しい場合は口頭によりお伺いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは税務課収納係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階21番窓口
電話:0123-52-3129  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る