このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

納付相談について

更新日:2020年2月6日

市税・保険料は納期内の納付が原則です

市税・保険料は、みなさんの生活に欠かすことのできない公共サービス、公共施設の維持管理、適切な医療の提供などに必要な財源です。

 納期を過ぎると延滞金の発生、滞納処分執行の対象となります。納期限までに納められない事情がある場合は個別に相談をお受けしますので、あらかじめ納期限前に相談の連絡をお願いします。

市税を滞納すると

市税等を納期限までに納めないことを滞納といいます。

市税等の公平性を確保するため、法律に従って次のような手続きを開始します。

1.督促状の発送
2.財産調査(勤務先への給与照会、預貯金、生命保険の契約状況などを調査します。)
3.財産差押え(預貯金のほか自宅への捜索による動産差押えを行います。)
4.換価処分(預貯金・生命保険解約返戻金の取り立て、差押え物件の公売等)

滞納する前に納付相談を!

 生活困窮や事業不振などのためにどうしても納期限までに納税できない場合には、その状況によって次のような方法をとることができます。

徴収の猶予

 納税者や特別徴収義務者が、次のような事情により納税が困難な場合には、申請により、原則として1年以内に限り、納税が猶予される場合があります。
 (1)災害や盗難にあったとき。
 (2)本人や家族が病気にかかったり、負傷したとき。
 (3)事業の休廃止、または著しい損失を受けたとき。
 (4)上記に類する事情があるとき。

申請による換価の猶予

 平成27年度税制改正により平成28年4月1日から導入された制度です。
 納税者や特別徴収義務者が「徴収の猶予」に該当しない場合で、次に掲げる要件の全てに該当する場合には、申請により、原則1年以内に限り換価が猶予される場合があります。
 (1)市の徴収金を一時的に納入することにより、その事業の継続または生活の維持を困難にする
    おそれがあるとき。
 (2)申請に係る区分以外に市税の滞納がないこと。
 (3)納期限から6か月以内の申請であること。

(注釈1)換価とは、差押財産を滞納税に充てるために金銭化する措置です。
(注釈2)猶予を受けようとする金額に相当する担保の提供を求める場合があります。
     猶予期間中は、新たな差押えなどの滞納処分が猶予されることがあり、延滞金も軽減され
     ます。

減免

 納税者が災害にあった時や生活扶助を受けている時など、その状況に応じて減免を受けられる場合があります。ただし、事情によっては減免が受けられない場合もありますので、お問合せください。

 減免ができるのは、納期限が過ぎていない税金に限られます。すでに納期限が過ぎて滞納となっている税金は対象になりません。

お問い合わせ

このページは税務課賦課係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階22番窓口
電話:0123-52-3120  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る