このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

個人住民税における医療費控除の特例(スイッチOTC薬控除)について

更新日:2017年6月1日

平成28年度税制改正により、スイッチOTC薬控除制度が新設されました

一定の取組を行う個人が平成29年1月1日から平成33年3月31日までの間に購入した一定のスイッチOTC薬について、年間の購入額が1万2千円を超えた場合、超えた部分を個人住民税の計算に使われる所得から、8万8千円を限度に控除をすることができる制度が新設されました。

1 一定の取組とは、特定健康診査(いわゆるメタボ健診)、予防接種、定期健康診査(職場の健康診断)、健康診査、がん検診が該当します。また、申告の際には、取組を行ったことを確認できる書類(健康診査の結果など)を提示していただく必要があります。

2 一定のスイッチOTC薬は薬局や店舗販売などで市販されており、かぜ薬、胃腸薬、水虫薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬など、平成29年4月時点で約1,600品目が対象となっています。

3  一定の取組をした個人以外の生計を一にする配偶者や親族が購入したものも対象になり、年間の購入額が10万円以上になった場合は、8万8千円が所得控除額になります。

4 平成29年1月1日から平成29年12月31日に購入した分は平成30年の個人住民税の申告の対象になり、以後も同様に、購入した翌年の個人住民税が対象になります。

イメージ

スイッチOTC 医薬品の対象となる対象商品

薬局等で購入できる一部の医薬品が対象となります。対象品目については、下記リンク先をご覧ください。

厚生労働省のホームページの中の「2 セルフメディケーション税制対象品目一覧」に該当となる薬が記載されています。

制度の適用を受けるうえでの注意点

この制度による控除を受けられる方は、従来の医療費控除を受けることができなくなりますので、お気をつけ下さい。

この制度は、個人住民税の計算に適用されるものであり、薬の購入費を補助するものではありません。

確定申告

確定申告については、上記リンクからご確認ください。

不明な点がある方、パソコンなどをお持ちでない方は下記にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページは税務課賦課係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階22番窓口
電話:0123-52-3120  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る