このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

夕張アートプロジェクト事業

更新日:2021年2月9日

夕張アートプロジェクトのロゴ

事業目的・概要

新型コロナウイルス感染症の影響により、外出等の自粛で子育て負担が増加していることや芸術文化体験できる場所が減少していることから、子育て世帯が多様な文化に触れることができ、健全に過ごせる環境をつくり出すこと、また、活動を縮小・自粛せざるをえない作家、文化団体等の方々の今後の活動を奨励することを目的とし、夕張市内在住の方や、夕張市に関わりがある作家・アーティスト・文化団体等の方々に、夕張市の公式Youtubeチャンネルに投稿できる動画作品を制作するか、夕張市拠点複合施設りすた内の「ゆうばりっ子ひろば」に展示・設置・利用できる作品を制作してもらい、制作した方々に奨励金を交付します。子育て世帯の方々は、その作品を自由に鑑賞したり、利用することができます。

↓チラシです。市内各所で配布しています。交付要項の内容をまとめています。

事業内容

応募申請期間

令和2年11月2日(月曜日)から11月30日(月曜日)
 ただし、申請期間を過ぎても、予算額に余裕がある場合は、申請を受け付けることがあります。

対象者

奨励金の交付の対象となるのは、以下の要件をすべて満たし、作品を提出した方です。複数名で構成されたグループで応募することもできます。

1 以下の領域で1年以上活動していること。
音楽、歌唱、演劇、舞踊、美術、絵画、イラスト、アニメーション、映像、写真、太鼓、能楽、雅楽、文学、歌舞伎、生け花,茶道、文筆、詩歌、書道、手芸、工芸、木工、金工、陶芸、デザイン、講談、漫談、漫才、落語、浪曲、読み聞かせ、料理(ただし、営利を目的としておらず、料理教室等の食文化に関する発信等を主としていること)、電子機器等を利用した芸術文化、複合(核となる分野を特定できない芸術文化活動)、その他生活文化・伝統芸能等

2 夕張市に住民登録がされている、又は夕張市内を主な活動拠点にしている、又は定期的に夕張市を訪れ、関わり人口として積極的に地域住民と関わっていること。

3 複数のグループに所属し、応募していないこと。

4 夕張市暴力団排除条例(平成24年条例第12号)第2条第2号から第4号に規定する者ではないこと。

奨励金

1件につき10万円です。グループで制作の場合も、1件とします。

募集作品

下記のうちどちらか1点
・夕張市公式Youtubeチャンネル上で公開できる動画作品
・夕張市拠点複合施設りすた内「ゆうばりっ子ひろば」で展示・設置・利用できる作品
 未発表の新作で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、いわゆる「3密」を避けて制作されたものであること。ただし、未発表の作品であれば、過去に制作されたものでも応募することができます。

夕張市拠点複合施設「りすた」での撮影サポートについて

地域内外の人達による子育て環境の充実を目指すという事業の趣旨から、撮影機材が無いといったハンデをできる限り無くすために、撮影のサポートを行います。詳しくは、応募申請をする前に、下記問い合わせ窓口までお電話をお願いいたします。

書類ダウンロード

令和2年11月30日(月曜日)までに提出をお願いいたします。

応募申請の許可、不許可の内示後、該当する者は提出してください。

作品と併せて提出してください。

その他

本事業についての質問集をまとめていますので、下記をご参照ください。

ご応募される方は、本事業についての質問集をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは教育課子ども・子育て支援係が担当しています。
住所:夕張市南清水沢4丁目48番地12 (夕張市拠点複合施設「りすた」)
電話:0123-57-7582  ファックス:0123-57-7710

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る