このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ【令和2年8月7日】

更新日:2020年8月7日

市民の皆様へ(令和2年8月7日)

 市民の皆様方におかれましては、日頃から感染防止対策への積極的な取り組みに感謝申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、本市においても国が示した「新しい生活様式」を踏まえ、道が策定した「新北海道スタイル」の下、感染防止対策を講じてまいりました。

 このような中、大都市圏を中心にした感染拡大が懸念されており、夏の観光需要や帰省期を見据え、8月から9月の2か月間を「新北海道スタイル 集中対策期間」とすることが決定されました。
 本市においても、夕張メロンの出荷ピークの頃から、観光客や帰省客が増加しており、さらにこれからは夏休み時期、お盆を迎えることから人と人との接触の機会が増えることが想定されます。
 市民の皆様にとっても、帰省・観光で本市にお越しくださる皆様にとっても、不安なくお過ごしいただくためには、お一人お一人のご協力が欠かせません

 皆様におかれましては引き続き、マスク着用や手指消毒のほか、ソーシャルディスタンスの確保などの飛沫感染の防止にご留意のうえ、次の事項について取り組みをお願いいたします。
 

  1. 接待を伴う飲食店を利用される方はガイドラインを遵守している店舗を選ぶなど、 「新北海道スタイル」 の実践をお願いします 。
  2. 会食や飲み会では大声を控え 、「 新北海道スタイル」の実践を徹底するとともに、 「北海道 コロナ通知システム」 「接触確認 アプリ」を積極的に活用 してください
  3. 道外を訪問する際 には 、滞在先で発出されている呼びかけに注意し、 訪問の必要性 、訪問場所などを改めて検討いただくなど、感染が拡大している地域への往来については慎重に判断いただくようお願いします。

令和2年8月6日
夕張市長 厚谷 司

市民の皆様へ(令和2年7月10日)

 市民の皆様におかれましては、日頃から感染防止対策への積極的な取組みに感謝を申し上げます。

 さて、6月19日から、都道府県をまたぐ移動や各地への観光旅行等、制限なく行うことができる「ステップ2」に緩和されましたが、7月10日から、いよいよ「ステップ3」という新たなステージに移行します。

 このような中、第5回臨時市議会において、感染拡大防止対策や子どもの学びの場の確保等に関連する事業について、市議会の議決を賜りました。このうち、必需物品供給事業について、でありますが、この事業は、国が示した事業の雛型を活用するものであり、公共性が高い施設や生活交通等において必要な消耗品や備品を購入するほか、市民の皆様に感染防止に係る基本情報やマスクをお届けし、感染防止を呼び掛けるものです。

マスク配布の主な理由について

  • ワクチンの実用化など、国による抜本的な感染対策が講じられるまで、完全な終息は困難であり、長期化が避けられない状況にあること。
  • 本市を含む空知管内や東京都において、感染経路を追えない患者が発生しているほか、管内医療機関において発熱を訴える患者が少なくないなど、感染の脅威は未だ衰えていないこと。
  • 感染対策の基本情報を丁寧にお知らせするとともに、感染対策が長期化する中、個人の事前準備を促し、市民おひとりお一人の経済的負担を緩和すること。

 なお、今般、議会の議決をいただいた補正予算において、この経費を一般財源としておりますが、再生団体である市の負担を生じさせないよう、現在、国の交付金を申請中であることを申し添えます。

 いずれにしましても、本市を含め道内・国内は依然として大変厳しい状況にあり、第3波・第4波が訪れる可能性も否定できません。感染拡大を最小限に抑えるうえでも、市民一人ひとりに引き続き危機意識を持っていただき、「ウィズコロナ」として新しい生活様式の実践と地域経済の回復の両立に対して、市民・議会の皆様の引き続きご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げます。

令和2年7月10日
夕張市長 厚谷 司

市民の皆様へ(令和2年5月1日)

 新型コロナウイルスが世界規模で猛威を振るうなか、新型コロナウイルスにより、お亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、罹患された方々に心からお見舞いを申し上げます。

 また、医療の最前線で闘っておられる医師、看護師など、全国の医療従事者の皆様、そして本市地域医療にお力添えをいただいている皆様に心より敬意と感謝を申し上げます。

 さて、政府が緊急事態宣言を発令し、道内においても4月17日から5月6日まで、感染防止や外出自粛の徹底などが実施されています。

 このような中、北海道発出の緊急事態宣言に基づき、同様の期間における事業者の皆様の休業や酒類の提供時間短縮について協力要請がされており、この要請に応じて、休業等の感染防止対策に協力いただいた事業者の皆様には、支援金が支給されることとなっております。

 ご不明な点は、北海道ホームページをご確認いただきたいと思います。

 本市におきましては、現時点では感染者が発生していないものの、地域経済をはじめ皆様に与える影響は甚大であることから、この難局に立ち向かう皆様に寄り添い、少しでも痛みを和らげることができるよう、感染防止対策など様々な施策の準備に速やかに取り組んで参ります。

 これからゴールデンウィークに入りますが、今が最も重要な時期です。

 感染拡大を防ぐため、当面は気を緩めず、できる限り「札幌へは行かない!」ように、且つウイルスを市内に持ち込まないよう、市民の皆様、地域医療を支える皆様とともに、手と手を携え、この難局を乗り越えて参りたいと考えております。

 ウイルス感染をくい止め、安心・安全な社会を取り戻そう!
 「STAY HOME!」「SAVE LIVES!」

令和2年5月1日
夕張市長 厚谷 司

市民の皆様へ(令和2年3月26日)

 北海道の緊急事態宣言は3月19日で終了し、道内の患者発生は安定傾向にありますが、終息に向かっているとまでは言い切れず、依然として油断できません。

 3月23日に行われた夕張市の対策会議の中で、市主催のイベント・行事などについては、国や道の方針をふまえながら、「密閉された空間・人が密集した場所・近い距離での会話」など、3つの条件が重なる感染が拡大しやすい状況を避ける対策を検討をした上で、実施について判断することなどを確認しました。

 本市においては、国や北海道、関係機関と連携しながら、市民の皆さんの安全・安心な暮らしを守るため、感染拡大防止に向けた対策を実施してまいります。

 市民の皆さんには、こまめな手洗いや咳エチケットなど、基本的な予防活動を継続していただくことに加え、感染が拡大しやすい3つの条件を避けていただくことへのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年3月26日
夕張市長 厚谷 司

新型コロナウイルス感染症に関する発言全文(令和2年3月11日市議会)


 発言の機会をいただき、感謝申し上げます。そして、この度の「新型コロナウイルス感染症」により犠牲になられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、治療を余儀なくされている方々に心からお見舞いを申し上げます。

 また本日3月11日は東日本大震災の発生から、9年目を迎えました。

 被災、または被災の関連によりお亡くなりになられた方々、またご遺族の皆様に対しましても、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、今なお避難生活を余儀なくされている皆様方にあらためてお見舞い申し上げ、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

 さて、道内における「新型コロナウイルス感染症」感染者の発生状況につきましては、100名を超え、空知総合振興局管内においても感染者が確認されております。

 このような状況のなか、本市におきましても、その発生やまん延を防止するため、2月28日に「夕張市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、同日、本部会議を開催しました。

 市民の皆様におかれましては、不要不急の外出を出来る限り控えていただくとともに、手洗いや咳エチケットなど、一人ひとりができる感染症予防対策の実施について引き続きのご理解・ご協力をお願いいたします。

 なお、小林議長をはじめ、議員の皆様におかれましては、議会の日程を含め、新型コロナウイルス感染症の予防対策について、ご配慮賜りましたことに、心から感謝を申し上げます。感染拡大を最小限にとどめ、国内の流行を早期に終息させるためには、極めて重要な時期であると認識しています。
 
 結びになりますが、今後、市内で感染が拡がることがないよう、市としても万全を尽くして参る所存でありますので、市議会及び市民の皆様に対して重ねてご理解・ご協力をお願い申し上げます。

令和2年3月11日
夕張市長 厚谷 司

市民の皆様へ(令和2年2月28日)

 道内で新型コロナウイルス感染症の感染が拡がっていることを受け、その発生やまん延を防止するため、2月28日に「夕張市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。

 感染拡大を最小限にとどめ、国内の流行を早期に終息させるためには、これから2週間程度が極めて重要な時期であると認識しています。

 本市といたしましては、対策本部を司令塔として引き続き感染予防について積極的な情報発信を図るとともに、保健所や医療機関との連携を強化して参ります。

 皆様におかれましては、感染症の発症・拡大防止のため、不要不急の外出を出来る限り控えていただくとともに、手洗いや咳エチケットなど、一人ひとりができる感染症予防対策の実施について引き続きのご協力をお願いいたします。

 今が正念場です! お互い協力しながら、総力をあげてこの非常事態を乗り切りましょう!

令和2年2月28日
夕張市長 厚谷 司

お問い合わせ

このページは保健福祉課保健係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階23番窓口
電話:0123-52-3106  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る