このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【終了しました】令和5年度担い手確保・経営強化支援事業に係る要望調査について

更新日:2023年12月21日

 国内外の様々な経営環境の変化に対応し得る農業経営への転換を図ろうとする担い手に対し、必要な農業用機械・施設等の導入を支援します。
 なお、本調査の目的は事業活用の要望を把握するためであり、事業実施(採択)を担保するものではありません。要望に際して多数の書類作成が必要となりますが、補助金が交付されない場合もあることをご了承ください。
 また、国補正予算成立前のため、事業内容等が変更となる可能性があります。

事業内容

 金融機関から融資を受けて農業用機械等を導入する農業者等に対して、補助金交付による支援を行います。

事業要件

 主な事業要件は、次のとおり。
1 導入予定の機械等を活用し、令和7年度までの成果目標を設定かつ達成すること
2 既存機械等の単なる更新ではないこと
3 汎用性の高いもの(トラック・除雪機・倉庫等)ではないこと
4 令和5年度中に事業完了(納品・代金精算)すること
5 既に契約や代金精算が終わったものではないこと
6 事業費が50万円以上であること
7 耐用年数がおおむね5年以上20年以下であること    等 

成果目標

成果目標の区分
必須目標  1 付加価値額の拡大
選択目標

 2 経営面積の拡大   3 農産物の価値向上
 4 農業経営の複合化  5 農業経営の法人化  
 6 青色申告の取組   7 環境配慮の取組
 8 農作業の共同化   9 労働時間の縮減
 10 輸出の取組

注)必須目標は、必ず設定すること。

対象者

 人・農地プランに位置付けられた中心経営体である認定農業者 等

補助率

 「事業費の2分の1」、「融資額」、「融資残額」のいずれか低い額
注)上限額は、法人3,000万円、法人以外1,500万円

受付期間

令和5年11月22日(水曜日)から12月1日(金曜日)まで

提出書類

1 導入予定機械・施設の見積書、カタログ、設計書、図面
2 所得税青色申告書の決算書
3 成果目標、販売計画、収支計画等に関する資料(根拠資料を含む。)  等

注)詳細は、必ず下記の「お問い合わせ先」にご照会ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは地域振興課農林係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 3階36番窓口
電話:0123-52-3124  ファックス:0123-52-5302

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る