○夕張市リフレッシュセンター清陵設置条例

平成6年7月1日

条例第32号

(設置)

第1条 地域住民にふれあいの場を提供し、住民の連帯意識を高め、心身の健康と福祉の増進をはかり、地域活性化に寄与するため、夕張市リフレッシュセンター清陵(以下「リフレッシュセンター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 リフレッシュセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

夕張市リフレッシュセンター清陵

夕張市清水沢清陵町62番地6

(使用の制限等)

第3条 市長は、使用者が次の各号の一に該当するときは、リフレッシュセンターの使用を制限し、又は退場させることができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 建物、付属設備及び備付物品等を破損し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) リフレッシュセンターの管理運営上支障があると認めるとき。

2 伝染性の疾病にかかつている者は、リフレッシュセンター内浴場(以下「浴場」という。)を使用することができない。

(入浴料金)

第4条 浴場を使用する者は、別表に定める入浴料金を納めなければならない。

(特別設備等の許可)

第5条 使用者がリフレッシュセンターの使用にあたり、特別の設備を設け、又は特殊物件を搬入しようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(現状回復の義務)

第6条 使用者は、前項の使用を終えたとき、又は使用を停止されたときは、直ちにその使用場所を現状に回復しなければならない。

2 使用者が前条の義務を履行しないときは、市長においてこれを代行し、その費用は使用者が負担しなければならない。

(賠償の義務)

第7条 使用者は、建物又は付属設備若しくは備付物品等をき損し、又は滅失したときは、市長の定める損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が特別な事由があると認めるときは、この限りでない。

(管理運営)

第8条 リフレッシュセンターの管理運営は、公共的団体等に委託することができる。

2 前項の委託を受けた者は、運営委員会を設けて円滑な運営をはからなければならない。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年12月19日条例第30号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年12月19日条例第49号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成13年12月21日条例第24号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成17年12月22日条例第29号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年6月22日条例第21号)

この条例は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成20年9月26日条例第28号)

この条例は、平成20年10月1日から施行する。

附 則(平成26年9月17日条例第30号)

この条例は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(令和2年3月18日条例第8号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表

区分

1回入浴料

回数券入浴料

備考

大人

450円

2,550円

回数券は、1回券を6枚つづりとする。

中人

140円

800円

小人

70円

400円

夕張市リフレッシュセンター清陵設置条例

平成6年7月1日 条例第32号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
平成6年7月1日 条例第32号
平成7年12月19日 条例第30号
平成9年12月19日 条例第49号
平成13年12月21日 条例第24号
平成17年12月22日 条例第29号
平成18年6月22日 条例第21号
平成20年9月26日 条例第28号
平成26年9月17日 条例第30号
令和2年3月18日 条例第8号