サイトメニューここまで
本文ここから

夕張は、倒れたままか。
夕張は、言い訳するのか。
夕張は、メロンだけか。
夕張は、高齢化を嘆くのか。
夕張の、夜明けはまだか。

闇は、自分たちでぶち壊せ。
ここに残った9000人の、底力。
半数の若者は、エネルギーだ。
半数の高齢者は、知恵だ。

財政破綻から10年。
ズリ山の間から、真紅の朝日が、いま昇る。

再出発、挑戦あるのみ。
Restart. Challenge More.

夕張市




夕張市ロゴ




映像に込めた想い

財政破綻から10年目の、平成28年。
夕張市は「財政再生計画の見直し」「攻めの廃線」など様々な報道で取り上げられ、
同時に多くの励ましやご提案、「ふるさと納税」をはじめ多大なご支援を賜りました。

一方で、今なお負の遺産がフォーカスされ続ける市のイメージは、10年前と変わらぬまま。
その状況が、市民の誇りを奪っているのではないかと思い至りました。

それでも今、夕張というまちは、変わろうとしています。

再出発、挑戦あるのみ。
RE START. Challenge More.

この想いのもと、さまざまな「課題」を「価値」へと変える挑戦が始まっています。

夕張に、もう「言い訳」はありません。
前を向き、立ち上がる、今の本当の姿を見てほしい。
そんな願いから生まれたこの映像もまた、一つの挑戦なのです。

この映像をご覧くださった皆さんが、夕張の想いに共感していただけることを願っています。






メイキング

早朝のズリ山に佇む少年 発電所内での撮影 光に向かって走る青年

シューパロ湖畔にて(1) シューパロ湖畔にて(2) シューパロ湖湖畔にて(3)

走る市民(1) 走る市民(2) 夕陽が翳る丁未風致公園 

映像の撮影は、2016年10月22日~24日の3日間にわたり、すべて夕張市内で撮影。
多くの夕張市民のご協力により、映像は完成しました。





ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017

映画祭オープニングで流れるコンセプト映像 映画祭オープニングでの市長挨拶 映画祭開催宣言

映画祭にはメロン熊も出没 多くの来場者で賑わうストーブパーティー 黄色いハンカチでお見送り

映像は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」オープニングセレモニーにて初お披露目。
多数の来場者から喝采を浴びた。



Youtube夕張市公式アカウントへ
映像を見る
(Youtube夕張市公式アカウントへ)



夕張市トップページへ戻る
戻る
(夕張市トップページへ)

 

本文ここまで