access analysis sponsors
札幌 ホームページ制作
札幌 ホームページ製作
市長の部屋

市長の部屋インデックス

覚書調印式

1月20日、国立研究開発法人森林総合研究所林木育種センター北海道育種場とキハダ・ホオノキ共同試験に係る覚書調印式を執り行いました。

市は、日本一の薬木生産地を目指して平成27年度から植栽事業を進めており、現時点でキハダ・ホオノキをそれぞれ4,000本植栽しています。本植栽事業に企業版ふるさと納税を活用すべく、地域再生計画を国に申請したところです。
この共同試験により、夕張市の環境に適合する品種を明らかにすることができれば、今後より効率的かつ安定的に薬木を生育でき、新たな安定的財源とすることができると期待しています。
また、日本は生薬原料の8割が輸入に頼っている現状もあり、夕張市が国産の生薬原料の一翼を担えればと思っています。

[ 更新:2017-01-20 11:33:52 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る